नमस्कार  ナマスカーラ

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

ハ・ハ・ハチジュウ!  

「お送りしましょうか」と言う声に振り向くと
公民館で一緒になることが多い太極拳の先生。

いつもはマウンテンバイクで来られている先生は、
今日は雨で歩き。
歩いて2,3分という短い距離を
一緒に歩かせていただきました。

実は以前、太極拳に憧れ
2ヶ月ほどの短い間ですが教わったことがあるんですね~~
でも、ヨーガの教室が増え通えなくなりました。

そんな先生に「失礼ですがお幾つなられるんですか?」
と訊ねてみました。
「年齢を訊くときはまずは自分からですよ^^」
と、アドバイス。
「あっ、私は42歳になりますが、先生はお幾つになられますか?」
「若いね~~!私はもう80歳です」
「え~~~っ!!! ハ ハ ハ ハチジュウ・・・」
ひっくり返ってしまいました。

ス~~ッとした姿勢に、
歩くは速さはスタスタと
私は小走りになるくらい。
普段はマウンテンバイクで現れ、
たくさんの生徒さんに
太極拳をお教えになられ、
ゆっくり丁寧に礼儀正しい仕草と、
なんともいえない穏やかな表情は、
彼の人柄が表れます。

ハ ハチジュウ だったのですね。
恐れ入ります

ほんの数分でしたが
貴重な時間をありがとうございます!



スポンサーサイト

category: 未分類

tb: 0   cm: 2

菜食生活  

菜食になってどれくらいになるんだろう・・・
10年は経つだろうな

「生きている」というのは、
虫や植物、動物たち,さまざまな命をいただくこと。
食べるものから、衣服、生活用品、住む場所だって。

植物だって生きています。
だから殺生ってさけることはできないですね。
避けることのできない殺生もあれば、
欲望、願望からくる殺生だってあります。

ただ、植物たちは、採取されるとき痛みは伴わないそうです。
だから逃げ回るための足はなくてOKなんですね。

虫さんも動物と同じように殺されたくないので逃げます。
痛みがるんでしょうね。
だから虫さんたちが迷ってお家に入ってきたらそっと逃がします。
な・なんとゴキちゃんも~
あっ、ゴキちゃんは迷って入ってきているのではないですね^^

でも、痛みは殺される動物たちだけではなく、
実は私たちにもおきてます。
これ、見てください!

http://saisyoku.com/slaughter.htm

一緒に感動したり悲しんだりと、
思いやることができる私たちは行いができます。
選ぶことができます。

今、手にしているものは何からできているのだろう。
どのように採取されたものだろう。
これは願望から?
避けることができない殺生?
ひとつひとつ丁寧に選ぶことができます。

菜食生活・・・いや、食だけではなく必要なものは、
なるべく動物を殺したものではなく
「痛みを伴わない植物からのいただきものを選ぶ」
これは誰にも譲れない大切にしたいこと。
それを選べることに感謝します。

नमस्कार

そして、ひとつひとつ大切に質素に




category: 未分類

tb: 0   cm: 0

秋といえば  

最近、たくさん食べるな~と思っていたら食欲の秋ですね!
虫たちの声が心地良い季節です

秋といえばお祭りです。
今日は朝から獅子舞に祇園囃子,御神輿,の音が風に乗って響いてきます。
この音を聞くだけでワクワク

祭りは2日間、朝早くから羽咋の街を回り、初日の夜は川渡しです。

祇園囃子や獅子舞が華を添えるなか、長者川を御輿(みこし)が渡ります。 
羽咋神社の祭神・磐衝別命(いわつくわけのみこと)が八幡神社の女の神様に会いに
通われたとも伝えられるロマンティックな祭なんだそうな。

「御輿に神様がのると、ズ~~ンと重くなれんぞっ」と父は言います。
気性の荒い父は、
祭りと言えば殴り合いの喧嘩をして帰ってきたものです。
いつからか祭りには出ないと決め(喧嘩をするから)
大好きな祭りのときは
畑に行ったりで家にはいません。
本当は参加したいんだろうな~・・・

2日目、今年は班長なもので
父に替わり役割が

DSC_0037.jpg

獅子舞や御神輿がたっぷり見ることができるので
実は好きなんですね~~、この役割

DSC_0074 (1)

今回は最後の獅子殺しまで見ることができました。
(半分寝てましたが・・・)


秋祭り・・・、収穫祭・・・
たくさんの実り、恵を感謝し捧げます。

ब्रह्मार्पणं ब्रह्मवि: ब्रह्माग्नौ ब्रह्मणा हुतम् ।
ब्रह्मैव तेन गन्तव्यं ब्रह्मकर्मसमाधिना ॥

       नमस्कार


category: 未分類

tb: 0   cm: 2

子供たちとヨーガ  

ある小学校2年生の親子授業で、
ヨーガをさせていただきました。

ヨーガというより、
他の生き物になって遊ぼう!

IMG_0537.jpg

こんな感じでイラストと
ちょっとした豆知識を準備
あっ、イラストはインターネットから・・・

IMG_0541.jpg

女の子たちが「わっ ちょうちょ」とうれしそうに

子供たちが何を好み、どんなことで心が引かれるのか
子供がいない私にはさっぱりわからなく、
子供たちとヨーガをすることは避けてきました。
私にできるのかな?

そんな不安もありましたが、
「子供がいないからできるんだよ、
普段子供といると、またか!軽く流してしまうけど、
子供がいないから、子供との時間が新鮮で丁寧に向き合える」と、
子供を持つ友達からの
ありがたいお言葉

なるほど!
そんな風に考えたことがなかった


「みんなもこんな時があったんですよ~、
       覚えとる~~??」
なんて言おうと、張り切ってジャ~ン

IMG_0544.jpg

気持わるい~~ と絶叫
それでも子供たちは、
ちっちゃく丸く丸く胎児になりきってました

「これは何でしょう~? カラス!」
私の声が届かなくなるほど、大盛り上がり
担任の先生も、カラスになってました

ヨーガらしいヨーガではなかったけど、
子供たちのヨーガへの印象は
とても良いものになったと思います。

実は、子供ヨーガなんて
ちゃんとしたヨーガは伝えれないし・・・
そんな仕事は好みではないから、と
お断りも考えていました。

好き嫌いで判断しようとしていた私に
ちょうどカルマヨーガのお話が飛び込んできました。
好き嫌いに振り回されず惑わされず、
行いの結果、実りには執着しないで、
私は私の役割スヴァダルマを果す。

ヨーガという言葉に弱い私は
よし、やろう! 単純です

自分自身の役割スヴァダルマかどうか分からないけど、
お互い信頼関係のある友達からのお声。
これは、スヴァダルマでは!?
お声をかけてくださり、ありがとう!

そして、1時間20分ほどの長い時間、
飽きずにヨーガに付き合ってくれた
子供たち ありがとう!

将来、ヨーガという生き方に出会えるように
  願いをこめて
          नमस्कार


category: 未分類

tb: 0   cm: 0

悲しみが輝く  

シヴァ(破壊)、ブラフマー(創造)、ヴィシュヌ(維持)は
イーシュワラを3つの側面から見たときの呼び名。

その中に世界があり、個人の私たちがいます。

そして、個人の私たちの中にも
シヴァ、ブラフマー、ヴィシュヌの力は常に働いています。

生まれ、保ち、なくなり、
現れ つづき、無くなる・・・
さまざまなところで。

先日、17年間共にした
最愛のパートナ猫のゴロウが
あの世へ行ってしまいました。

IMG_0367.jpg

たかがペット、されどペット・・・
家族の一員です。
覚悟はしていましたが、
やはり涙が止まらないものですね

行いの実りである結果を体験する体験者の動物には、
アダルマはなく、ただただダルマを生きているそうです。

ダルマを体験するという役割が終えると、
どんな理由かはわかりませんが
肉体と離れるときがきます。

ゴロウは体験すべきことを体験し、
役割を終えたんですね

ふっ、と ゴロウの映像が
リアルに私の中に現れます。

IMG_0079.jpg

イーシュワラがこの世界を創造し、
その中にさまざまな世界があるように、
個人の私の中で、ゴロウは創造され現れます。

IMG_0027.jpg

私たちに与えられた能力の1つ「忘れる」
というイーシュワラからの恩恵は、   
その悲しみをすこしずつ忘れさせてくれます。

忘れるのが得意な私は、
そのうち、ゴロウの映像も出てこなくなるんだろうな・・・

忘れてしまう前にたくさん思い出して、
記憶を味わおうと思います。

悲しみの中に私がいるのではなく、
私の中で、悲しみが輝きます

次はどんな姿と名前で会えるのかな
  ありがとう、ゴロウ

IMG_0109.jpg

サムサーラの外から
サムサーラを楽しむことができますように・・・

       नमस्कार





category: 未分類

tb: 0   cm: 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。